【ゲームを一番安く買う方法】通販or実店舗?メリット・デメリットは?

ゲーム
スポンサーリンク

昔「NEO-GEO」のソフトって3万円とか4万円とかしていた時代から比べたら今のゲームソフトはずいぶん安くなったと思います。

※「NEO-GEO」って何?という方はお父さんに聞いてみてね。

 

今現在、うちにも任天堂の「スイッチ」がありますが、可能ならできるだけ安く買いたいですよね?

長く遊べるかも分からないゲームにそんなにお金をかけられないよ…って方いっぱいいますよね?

 

今回はゲーム販売・買取専門店に22年勤めている現役店員のわたしがそんな悩みにお答えします!

 

通信販売(通販)と実店舗(ゲオとかね)に分けて、それぞれのメリット・デメリットも詳しく説明します。

 

最後まで読みたくないから結論を先に書け!

という方もいると思うので先に書いときます。

新品で安く買いたいならAmazon
中古で安く買いたいならメルカリorヤフオク
理由を詳しく知りたい方は記事を読んでくださいね。
いますぐゲームを探したい方はこちらから
スポンサーリンク

通信販売でゲームを買うメリット

販売価格が安い

まず実店舗よりも販売価格が安いことがほとんどです。

最大のメリットですね。

 

実店舗のように、店舗がないので家賃や人件費、広告費などの経費を抑えることができるので、安くできるのです。

 

また、Amazonで見ると分かりやすいですが、定価の〇〇%オフかが見れるのでどのくらいお得かが直感的に把握できます!

人気のないゲームなどは定価の50%以上の割引で買うこともできますよ。

Amazonでゲームを探す

中古の場合もAmazonは安定した価格のため、おすすめですが、もっと安く買いたいという方は少し手間はかかりますが、メルカリやヤフオクがおすすめです。

 


在庫量が豊富

通販大手はどこも全国規模で展開しています。

実店舗とは比べ物にならないくらいの商品を網羅しているため、よほどのレア商品を探している場合を除き、欲しい商品が見つかるはずです。

 

特に中古の商品を実店舗で探すのはとても大変です。
タイトルが分かる商品の場合は通販をおすすめします。

 


ポイントがたまる

楽天ポイント、Tポイントなどのポイントがたまります。

たまったポイントは様々な場所で使うことができるので便利です。

 


レビューが見れる

発売日の朝などはほとんどありませんが、有名な作品になればなるほどレビューの件数が多くなり、実際に購入に踏み切る前に面白いかどうかの判断をできます。

 

もちろん中にはレビューが無かったり、嘘のレビューもあったりするので、そこから自分に有用な情報を仕入れられるかはあなたしだいですが。

 


24時間どこでも買える

インターネットに繋がってさえいれば、営業時間がないので夜中でも買うことができます。


スポンサーリンク

通信販売でゲームを買うデメリット

運送会社のトラブル

ヤマト運輸や佐川急便などの運送会社が注文した商品を運んできますが、ごくまれに遅延が発生する場合があります。

 

特に多いのは運送会社が忙しい年末・年始やお盆の時期ですね。

 

こればかりはこちらで注意してもどうしようもないので運を天にまかせるしかありません。

 


価格が定価以上になることがある

限定版や人気作など、品薄商品は気をつけないと安くかうどころか、高く買ってしまうかもしれません。

 

Amazonなど、昔は定価を超えた販売価格がついていても分かりませんでしたが、現在は対応され、定価を超えた販売価格の商品については注意書きが記されるようになりました。

 

こちらは注意すれば大丈夫ですね。

※新品の生産が終了したものは定価を大幅に超えているものも多いですが…

※中古に関しては定価という概念がありませんので注意が必要です。

 

後述する実店舗での安く買う方法の一つでもあるのですが、新品ゲームソフトを通信販売で買う場合は早く予約するという方法は有効です。

早く予約をしてしまえば、基本定価を超えるような販売価格にはなっていませんので。

 


いっぱいありすぎて決まらない

欲しいゲームが決まっている場合には通信販売は向いていますが、何を買おうか迷っている場合は絞り込むのに時間がかかるのもデメリットですかね。

ピンポイントで買うのに向いています。

 


スポンサーリンク

実店舗でゲームを買うメリット

実物が見れる

商品パッケージなどを自分の目で確認できるので安心です。

 


予約特価がある(店も多い)

新品を購入する場合です。

発売日の○日前までに予約すると通常販売価格よりも更に安く購入できる店があります。

 

また、先着予約特典などがもらえることがあるので、実店舗で安く買うなら予約して買うのが一番です。

 

予約特典に関しては通販でも付く場合が多いです。
注意するのはその店オリジナルの特典があった場合ですね。

 


ポイントがたまる

通信販売でもポイントがたまりますが、実店舗でもポイントがたまることがほとんどです。

ゲオだとポンタポイント、ツタヤなどTポイントなどですね。

 

独自のポイントカードを設定している店もあるので利用しない手はありません。

 


特価品がある

中にはAmazonよりも安くしている商品などの掘り出し物もあるかもしれません。

特に中古ゲームソフトは掘り出し物があるかもしれませんよ。

 

説明書の欠品や、内容物の不足などの訳あり品などがワゴンなどで投げ売りされていることもあります。

 


チラシやキャンペーンがある

お盆やクリスマスなど、新聞折り込みチラシが入ることがあります。

※昔に比べて大分少なくなりましたが

 

そちらに掲載されている商品は店舗でも通常の価格よりもかなり安くした価格になっているので、欲しい商品が載っていた場合は買いですね。

 


店員に直接質問できる

店員の知識量にもよりますが、ちょっとした疑問なら質問できます。

 


すぐに持ち帰れる

通販と違い、自分で持ち帰れるので、買ってすぐに遊ぶことができます。

 


返品がしやすい

これは逆に通販の方が返品がしやすいという方もいると思います。

実店舗での返品の場合は、交換品の在庫があった場合の対応が早いのがメリットです。


スポンサーリンク

実店舗でゲームを買うデメリット

通販に比べて価格が高い

全体的に通販よりも価格は高いです。

先に述べたように、家賃や人件費などの経費がかかるからです。

 

価格だけを考えるなら実店舗で買うメリットはないでしょう。

 


営業時間がある

24時間営業の店(コンビニなど)なら関係ありませんが、ほとんどの店は営業時間があります。

営業時間外の場合は買えません。

 


売り切れるのが早い

もちろん通販でも売り切れはでますが、実店舗の場合かかえている在庫量は昔ほど多くなくなっています。

 

ただし、ネットでの評価を見てから近くの実店舗で買う方も多いので一概に実店舗が先に売り切れるとは限りません。

 


スポンサーリンク

ゲームを安く買う方法まとめ

単純に販売価格を安くしたい場合

新品ならAmazon
中古ならメルカリorヤフオク

要は通信販売を利用した方が安く買えるというのが結論です。

 

でも、ゲームをやりたくなったときにすぐに買えるのは実店舗です。

ケース・バイ・ケースで上手く使い分けるのが一番ですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント