キャンプで火起こしに悩むあなたに!【SOTOスライドガストーチ】

アウトドア
スポンサーリンク

皆さんバーベキューするときになかなか炭に火が着かず、困ったことってありませんか?

 

わたしはアウトドアが好きでバーベキューをよくするんですが、火起こしって思ったよりも難しいものなんですよ。

 

今回はそんな『火起こし』に便利なおすすめの道具『SOTO スライドガストーチ』をご紹介します。

 

これがあればバーベキューやキャンプなどで『火起こし』で困ることがなくなります!

スポンサーリンク

SOTO スライドガストーチの魅力

火口が自在に伸びる!

出典:新富士バーナー

画像のように火口部分が最大75㎜まで伸びます。

最大まで伸ばした状態や、逆に縮めた状態での使用以外にも、途中まで伸ばした状態でも使用可能です。

 

使う時は伸ばして使い、持ち運ぶ時は縮めて使うことになるでしょう。

大きさと安全装置について

縮めた時は大きめのライターくらいのサイズです。

あと画像にあるとおり、セーフティロック機能が付いていますので間違ってカバンの中で作動しないようになっています。

小さなこどもには簡単には使えないので安心ですね。

※それでも遊ばせるのは危ないのでやめてくださいね!

スポンサーリンク

火力について

炎温度1,300℃の極細集中炎です。

集中炎ですので風が強い中でも使用可能です。

 

くれぐれもさわっちゃダメですよ!

 

バーナーというと火が火炎放射器のように出るイメージがあるかもしれませんがスライドガストーチは小型バーナーですので迫力はありませんのでガッカリしないでくださいね。

まあ、もともとそんな使い方をする道具ではありませんので。

 

CB缶から簡単ガスチャージ!

出典:Amazon

コンビニでも簡単に手に入るカセットガスで燃料を簡単に補充できます。

上記の窓から燃料がどれくらいあるか確認できます。

※夜は見えないので、明るい内に補充した方がいいですよ。

また別売りのソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 [HTRC 2.1]があればOD缶(アウトドア缶)からも充てんできます。

 

スポンサーリンク

SOTO スライドガストーチの注意点

使用直後は火口が危険!

使用してすぐは先端部分が非常に高温になっています。

燃えやすいものを近くに置くと思わぬ事故に繋がる可能性もあるので注意が必要です。

もちろんやけどにも気をつけてくださいね。

 

連続使用は1分まで!

1分以上使い続けると火口が高温になりすぎて変形するおそれがあります。

 

こんな時には使えないかも!

高温時や気圧が低い場所では着火しづらい時があります。

 

Amazonレビューでの評価から

月にアマゾンにて購入し、キャンプで2度ほど使用しましたが、ガスがあるにもかかわらず30回スイッチを押して、
一度点火できるかできないかの状況が続き、昨日については一度も点火できませんでした。ライターなんかよりより信頼性が高いと思っていたので、がっかりしています。

こんなレビューもありますが、たしかに筆者のスライドガストーチも着きにくい時がありますが、そこまで気になるほどではありませんでした。

あたりはずれがあるのかもしれません。

またSOTO製純正ガスで使用すると改善されるとか、火口を掃除すると改善されるなどの報告もありますのでためしてみる価値はあると思います。

 

着火のコツとしては上向きにしてスイッチを入れると着きが良いですよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

  • 伸縮自在
  • コンパクト
  • 火力が強い
  • 燃料補充が楽

キャンプ道具をコンパクトにしたい方にぴったりの道具だと思います。

バイクでのソロキャンプにもおすすめですよ。

見た目もかっこいいのでわたしのお気に入りです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント