【おすすめ雨対策用品】雨天時にどうしてもバイクに乗るなら!

雨バイク情報
スポンサーリンク

安全のためにも雨の日はできればバイクに乗らないほうがいいです。

でも仕事などでやむを得ず乗らなくては行けないときはありますよね。

そんな時のためにも、前もって雨対策アイテムを用意しておくことをおすすめします。

雨の日は乗らないという人も、ツーリングの途中で雨に見舞われることもあるでしょう。

今回ご紹介するアイテムは全てのバイカーにぜひおすすめしたいです。

スポンサーリンク

レインスーツ

バイカーならぜひとも一着は持っていたいものです。

可能ならパンツも一緒がいいですね。

普通の雨合羽ではバイクに乗るときは適していません。

首や袖、ジッパー部から雨が侵入しない作りがしっかりしているのが望ましいです。

また、バイク用のレインスーツはそれ以外にも機能が充実しているものが多く、長い目で見ればそんなに高い買い物ではないはずです。

筆者は基本的には派手な色は好みではありませんが、レインスーツに関しては雨振りの視界が悪い日に着るものですので、派手目のカラーや後部からのライトに反射するものを選ぶようにしています。

スポンサーリンク

レイングローブ

筆者は基本雨が降っている場合はバイクに乗りません。

ですので雨具が必要な場面というのは走行中に急に降られた場合がほとんどです。

そんなときにわざわざ雨降り用のグローブと通常のグローブを交換してとかやっていたら雨に濡れてしまいます。

その点こちらなら通常のグローブの上からさっと装着ができて便利です。

もちろん普通のレイングローブを持つのが一般的ですね。

その際はサイズに気をつけましょうね。

筆者は大きめのサイズにした時に隙間から雨が侵入し、意味がないグローブを買ったことがありますので…

あと、おすすめは防水スプレーと合わせて使うことですね。

これをするとしないとでは効果が段違いです。

スポンサーリンク

レインブーツ

靴の上から履くブーツカバーです。

突然の雨でもこれを履けば靴を濡らさずにすみます。

バイク通勤やバイク通学の方は必須ですね。

こちらは商品にもよるかもしれませんが、ブーツカバーを履いたまま滑りやすい所を歩くと滑りますので、目的地に着いたら忘れずに脱いだほうがいいですよ。

実際、こけて恥ずかしい思いをしたことがあるので…

個人的おすすめはこちら!

普通のライディングブーツとしてはもちろん、防水・透湿機能もあるのでどんな場面でも安心です。

スポンサーリンク

防水バッグ

ツーリング先でお土産を買っても、雨でぐちゃぐちゃになったら台無しですよね。

完全防水のバッグを一つ持っていれば、そんな心配からは開放されますよ。

こちらはバイク用に設計されているので、幅広い車種にも取り付けることができると思います。

容量も3サイズありますので、使用者の用途に応じて選択できるのも嬉しいです。

スポンサーリンク

防水スプレー

レインスーツと合わせて持っておくと安心度が増します。

多少防水性能が落ちたレインスーツでもこれで復活が期待できます。

日常生活にも使えるので無駄にはならないはずです。

スポンサーリンク

くもり止め

これはできれば常に所持しておきたい商品です。

雨天時の運転で怖いのは視界が悪くなることです。

命に直結することですので、ぜひとも使用をおすすめします!

スポンサーリンク

まとめ

さいごに、雨対策用品をまとめておきます。

  • レインスーツ
  • レイングローブ
  • レインブーツ
  • 防水バッグ
  • 防水スプレー
  • くもり止め

どうしても雨天でもバイクに乗るなら、こちらはできれば用意しておいてほしいアイテムです。

もちろん、紹介した商品以外にもたくさん種類がありますので、ご自分にあった物を選ぶのもありです。

 

コメント